患者さんへ

産科

無痛分娩を希望される患者さんへ

当院では希望される産婦さまに無痛分娩を行っています。
子宮収縮(陣痛)や子宮口開大に伴う痛みや、出産時の膣・会陰の痛みに対し腰部硬膜外麻酔をし、痛みの少ないお産です。
無痛分娩は麻酔などの処置があるため計画分娩(平日の9時~17時です)となります。

当院の無痛分娩

当院では無痛分娩を希望される患者さんに、現在最も効果的な方法である腰部硬膜外麻酔を行う予定です。

腰部硬膜外麻酔は分娩中の痛みを和らげますが、おへそから下の局所的な麻酔であるため、意識がなくなったりすることはなく、分娩中の経過は全てわかります。また赤ちゃんに対する悪影響もありません。
(全く痛みが無くなるわけではございません。)

「お腹を痛めて産んだ子」という表現がありますが、世界中の統計でも無痛分娩をした人と、しなかった人で母子関係に差があるという報告はありません。母子ともに安全に分娩が終了するように医師、助産師がお手伝いいたします。

ただし、無痛分娩は陣痛促進剤を使う計画分娩とさせていただいており、必ずしもご希望された患者さん全員に対応できない場合もございます。その点ご了承下さい。

詳しい説明を希望 母子ともに安全に分娩が終了するようにお手伝いいたします。  ⇒ 詳しくはこちら

 

無痛分娩のスケジュール

前日に入院して頂きます。入院後、腰から硬膜外チューブを挿入します。
当日は、朝から誘発分娩をします。陣痛の痛みに合わせ、硬膜外チューブより痛み止めを調整します。
分娩後も、翌日まで後陣痛などの痛みを軽減するために硬膜外チューブが入っています。

※入院予定日以前に自然に陣痛が来てしまった場合や破水した場合は、無痛分娩ができないことをご了承ください。

 

無痛分娩の費用

当院の分娩費用とは別に、10万円程度金額が追加されます。