患者さんへ

産科

出産の準備

心の準備

出産は生理的なものですので、妊娠経過中特別な異常がなく母体が健康であれば健康な赤ちゃんを産めます。出産に対する正しい知識を持ち医師・助産師の適切な助言を聞くことにより、恐怖心や不安をなくし安心して出産を待ちましょう。そして、おかあさん自身が積極的に「産む」という心構えを持って出産に臨むことが大切です。

身体の準備

妊娠16週頃より妊婦体操を始め、子宮下部の産道の筋肉を柔らかくし、リラックスしましょう。分娩予定日が近づいたら、いつお産が始まっても良いように入浴をして清潔にしておきましょう。ただし、破水した時は入浴をせずにすぐに入院して下さい。

物の準備

正期産に入るといつお産になっても
おかしくありません。
入院に必要なものは誰が見ても
わかる所に準備しておきましょう。

病院では分娩の後
お産セットをお渡しします。
(お産セット)
  • ナプキンL・Mサイズ(各10枚 出産後に使用します)
  • 産褥ショーツ(1枚)
  • 清浄綿(1箱:おしもの消毒に使用します)
  • 母乳パット(1箱)
  • あかちゃんのおしり拭き(1個)
  • 出産直後パッド

出産の入院準備物品について

入院に必要な物品
  • 母子健康手帳
  • 診察券
  • 寝衣(2~3枚 1枚は前開きのネグリジェ)
  • 授乳用ブラジャー(2~3枚)
  • さらしの腹帯または骨盤ベルト(産褥ニッパーは使用しません)
  • お産用Lナプキン(1袋 4~5枚)
  • 生理ナプキン(1袋・夜用)
  • 産褥ショーツ(2~3枚 1枚は生理用ショーツも可)
  • 赤ちゃん用おしり拭き(1袋)
  • ガーゼハンカチ(数枚程度)
  • バスタオル(数枚 赤ちゃんのおくるみにも使用します)
  • タオル(5枚程度 赤ちゃんにも使用します)
  • 日用品:洗面道具、洗髪用品、湯のみ、スリッパ、ティッシュペーパー
  • 筆記用具
上記のものから入院して使用するものをまとめておきましょう。
  • 寝衣(1枚 ・ 前開きの長めのもの)
  • 産褥ショーツ(1枚)
  • 生理用ナプキン
  • お産用Lナプキン
  • さらしの腹帯または骨盤ベルト
入院する時の注意
  • 入院時は、ブラジャーをはずし、寝衣に着替え、産褥ショーツ、ナプキンをつけましょう
  • 化粧・マニキュア・ペディキュアは落としておきましょう
  • 手足の爪も短く切りましょう
出産中にあったら便利なもの
  • 飲料水・ペットボトルにつけるストロー
  • 好きなCD
  • リップクリーム等
退院時には(母・赤ちゃん用)の衣類を準備しましょう。