患者さんへ

産科

市立川西病院における基本的な考え方

自然分娩を主体としています。

当院では自然なお産を大切にしたいと考えています。しかし、問題が起きた場合または起きる可能性がある場合には医療介入が必要なこともあります。

家族の方と一緒に妊娠、お産、育児にのぞめるようにサポートします。

妊娠期のマタニティクラスにはパートナーも参加することができます。
妊婦健診のときには付添いのご家族の方と一緒におなかの超音波検査を見たり、医師・助産師の話を一緒に聞いていただいたりしています。
お産の時はパートナーもしくは家族の方(成人の方1名)が付き添っていただくこともできます。

母乳哺育を推進しています。

妊娠中からサポートします。
生まれてすぐに早期母子接触をしていただいています。
生まれて早いうちにお乳を吸ってもらうことができます。
母児同室制をとりいれあかちゃんのタイミングに合わせた授乳ができるようにしています。

おかあさんとあかちゃんの関係を大切にしています。

生まれてからおかあさんとあかちゃんがなるべく一緒に入れるように母児同室を取り入れています。おかあさん、あかちゃんが元気であれば、産後すぐからあかちゃんと一緒に過ごしていただけます。私たちスタッフはおかあさんが安心して育児をしていただけるようにサポートします。